好きなこと、気になることを書き綴る日記です。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります♪ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 サッカーブログへ
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 最終予選進出決定 main もっとタフになりましょう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.09.08 Thursday 
- -
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン
小路 幸也
下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。

作者が最後にコメントしていますが、昭和のホームドラマって雰囲気のお話。
下町の大家族でちょっと複雑な家庭環境なんですが、それ以上の家族の絆が
あって、みんなが家族のことを思いやってる。
必要な時には1歩ふみこんで厳しい事もいう、言う側も言われる側も家族が
大事だからこそってのがちゃんと理解ってるからできること。

登場人物が多いので最初はちょっと混乱しますが、それぞれキャラがしっかり
あるので、しばらくすればイメージが出来上がって読み進められます。
いつも思うけど、小路さんの作品は登場人物のキャラがかなり作り込まれて
います。ゲームシナリオも書いてたりするらしいせいか、人物、街の雰囲気や
時代背景とかもはっきりしていて、頭の中で映像化し易いですね。

ホームドラマらしくドタバタあり、ちょっとホロッとさせる場面もあり、
おせっかいなくらいの愛情がとっても感じられる作品です。
死んでしまったひいおばあちゃんの語りで話が進むっていうのが、更に
この作品をそれらしいものにしている感じがします。
「LOVEはね、遠く離れていたって、相手の姿が見えなくたって、そこに
あるもんだよぉ」
この言葉が効いてました。

東京バンドワゴン、こんな店近くにあったら間違いなく行っちゃいます。
2007.04.21 Saturday 09:51
本棚 comments(2)
スポンサーサイト
2011.09.08 Thursday 09:51
- -
comment
mokoさん、こんばんは!
この雰囲気、とっても素敵でほのぼのしていて大好きな作品でした。
続編が読みたいですよね。
私もこんなカフェがあったらきっと、いや絶対通っちゃいます!
古本屋がこれまた大好きなので、もう間違いなく、です。
我南人さんの愛に溢れた人柄が素敵でした♪
リサ 2007/04/22 10:12 PM
リサ様
コメントありがとうございます。
我南人さんはかなりいいキャラですね。私は青も気にいりました。

先月東京行ったので、今頃になって神保町行っておくんだったと
後悔してます。
次の機会に行ってみますね。
moko 2007/04/23 9:01 PM